ロッテ佐々木朗希が“風の使い手”になることを誓う

2020年03月27日 10:44

[まとめロッテ! - 千葉ロッテマリーンズ]

この記事を見る

抜粋

20200327-03270028-sph-000-1-view



1: 風吹けば名無し 2020/03/27(金) 10:11:39.32 ID:44DskQvn0
 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が26日、“風の使い手”になることを誓った。27日のZOZOでの全体練習で2度目の打撃投手を務め、変化球を解禁する予定。「風でどのような変化をするのかも感じることが出来れば。ホームなので風を味方に出来る投手になりたいです」と意気込んだ。

 24日の初の打撃投手では最速157キロを計測して周囲の度肝を抜いたが、マリン球場特有の風速10メートルの中での投球を「先輩方がよく言っているように風でボールが少し浮かび上がっている感じがしました。風が強く、ちょっとバランスを取るのが難しかったです」と振り返る。

 それでも、バックスクリーンから吹き込む風はバックネットで跳ね返るため、向かい風での投球で変化球がよく曲がるとされる。最速163キロの直球に加え、風を利用してスライダーなどの曲がり幅も大きくなれば、相手にとっては脅威となる。チームメートからも風への対応の重要性を聞いており「早く慣れて、風が強い日も風とうまく付き合いながら、しっかりと投げられるようになりたい」とうなずいた。

 休養日のこの日は寮で静養。「(前は)力んでしまった部分があったので、もっとリラックスして投げたい」。本拠地特有の浜風も味方につけ、エース道を歩んでいく。

3: 風吹けば名無し 2020/03/27(金) 10:12:22.75 ID:44DskQvn0

続きを読む

関連記事